給湯器から水漏れした時の業者の選び方

給湯器から水漏れした時の業者の選び方 給湯器から水漏れが起こったときはどこに水漏れ 修理依頼をすればいいのか分からず困ってしまいます。今回はそんな場合の依頼方法や、業者選びについてご紹介します。この記事を読めばトラブルが起こっても慌ててしまうことがなくなるため、参考になることでしょう。不完全燃焼を起こすと一酸化炭素中毒になってしまう危険なものです。普段から状態を確認し、故障かなと思ったらすぐに行動できるようにしておくことがポイントです。

■給湯器の修理先を選ぶポイント

給湯器から水漏れが起こった時はまず慌てずに、止水栓を使って水を止めます。落ち着いてから修理業者に連絡をしましょう。修理はガス会社または水道 修理を行っている業者であれば依頼することができます。その時に業者を選ぶポイントですが使用しているメーカーの修理ができるのかを確認します。お店によってはメーカーが限定され、取り扱えない機種もあるため事前に調べておきましょう。
給湯器が使用できないとお風呂にも入ることができません。急に故障した時でもすぐに対応してもらえる業者を選んでおくと安心です。水漏れしている場所や使用年数が経過しているものは交換の必要性も出てくるため、修理も交換もできる業者にしておくと対応が早く済みます。

■給湯器の水漏れをどうやって知らせるか
給湯器の知識がある人であれば症状を詳しく話すことができますが、あまり知識のない人はどのように伝えたらいいのかが難しいです。このような時はまずどこから水が漏れているのかを伝えるようにしましょう。内部なのか、ホースなのか、それとも外に設置している機械からなのかによって修理方法が変わります。給湯器には水抜き栓といわれる機械内部の圧を下げるために自動で水を抜くための管が設置されています。ここから水が出ている場合は故障ではありません。この水抜き栓からは一時的にしか水が出ず、長期間水が出ているようであれば故障になります。このように水が漏れている場所を的確に調べるだけで水道 修理の業者から修理が必要なのか、異常ではないなど指示してもらうことができるようになります。

■給湯器修理を依頼する場合の注意点

修理をする時はできるだけ安く修理したいと誰でも思います。できるだけ安く修理を行うポイントは出張費と見積が無料の業者を選ぶようにしましょう。基本料金が安くても、出張費が高額だったり、修理前に見積を提示してくれない業者は後で料金トラブルになってしまうケースが多いです。ホームページなどで費用を公開している業者にすると事前に料金の目安が分かるので安心して依頼することができます。又、水道局指定工事店の資格を持っている水道 修理業者であれば地元の水道局が修理をするだけの技術を持っていると認めているので、このような業者に依頼するときちんと修理してもらえるようになっています。

■まとめ
給湯器の故障はあまり経験することがありませんが、水漏れした時は落ち着いて業者にどこから水が漏れているのかを伝えるようにしましょう。大手のガス会社やメーカーに直接修理依頼をすると休日は対応してもらえなかったり、部品の到着に時間がかかったりするので、すぐに直してほしいときは24時間対応の水道 修理業者がおすすめです。どのメーカーの給湯器も対応してもらえるのかホームページなどで調べてみましょう。料金を明確にしていたり、実績が豊富な会社、資格を保有している会社であれば安心です。
故障かどうか判断できない時はフリーダイヤルを設置している会社に相談すると正しい指示をしてもらえます。ネットで症状別にわかりやすくまとめている会社もあります。画像付きですので症状を比較しやすく、とても分かりやすいので参考になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース